三段スタイル

リビングとキッチン

寝床、つまりベッドについてその歴史をご案内致します。これまでは、日本ではベッドではなかったといいます。それはすなわち、座敷布団を直接床に敷いて眠るといったスタイルです。それが徐々に時代の変化とともに、ベッドが使われ始めたのだといいます。そしてこのベッドも、形をどんどん進化させていたっといわれているようです。というのも例えばシングルベッド、セミダブルベッドもあります。ダブルベッドにクイーンベッドもあれば、形を変えてウォーターベッドもあります。そして、二段ベッドに三段ベッドです。この二段ベッドや三段ベッドは、小さいお子さんが何人かいるような家庭で、非常に重宝されたといいます。特にこれまでは、三人兄弟も珍しくなかったため、三段ベッドが人気になっていたといわれているようです。

さて上記では寝床、ベッドのスタイルの変化についてご案内いたしました。では、今後このベッドはどのように変化を遂げていくのかをご案内致します。まず、上記でご案内した二段ベッド三段ベッドについてです。これらのベッドは、子だくさんの過程で重宝されていたようです。ですが、最近は変化してきているといいます。というのも、これらのベッドは分割して利用することが可能だといいます。ですのでたとえば、二人兄弟だが、三段ベッドを購入します。そして二段ベッドと、もう一つのベッドを横にします。そして、それを収納として活用する家庭もあるようです。今後も単なる寝床としてのベッドから、二段三段ベッドは変化を遂げていくだろう、と言われているようです。